活動日記
 

 やすのり. News

News

【板橋区】ドッグランを都立公園に新設できないか?課題と可能性を探る

2022年7月21日
 

板橋区議会議員の田中やすのりです。
 
今日は多くの愛犬家の方々から、ご要望がとてもたくさん寄せられている「ドッグラン」の設置について考えてみます。
 
実はすでに、板橋区としては、一定の制度を設けて、ドッグランの自主運営を許可する仕組みを一応はしっかりと作り、受け入れの体制をとっております。具体的にはフェンスで囲み、近隣の理解を得られた場合などの一定の条件をクリアした場合に、運営や管理を組織体にお任せをしていくというものです。
 

 
ただ、ここまで運営や管理をしっかりとして、ドッグランを行ってもらえる団体が見つからず、新規のドッグランの誕生へと結びつかい硬直状態が続いてしまっていますね。
 
なにか今後について、ヒントとなることが見つからないかと、板橋区と練馬区にまたがる都立城北中央公園にあるドッグランに立ち寄ってみました。
 

 
大きくは小型犬専用エリアと中大型犬専用エリアに分かれ、スペースの面積もかなり広いんだなぁという印象を受けました。都の資料を調べてみたら、その設置規模は2,000㎡(約600坪)とあります。東京都の公園では、城北中央公園を含めて、令和47月現在で計12か所ありますが、その設置規模は「1,200㎡~3,626㎡」となっています。城北中央公園のドッグランの広さは、7番目となっており、都立公園の中では標準的なものと言えそうですね。
 

 
また、利用登録人数を見てみると、代々木公園と駒沢オリンピック公園の人数が圧倒的に多くなっています。城北中央公園は、2,000㎡と標準的な広さですが、利用人数は2,867人と5番目に多く、この地域の需要があることを示しているのかもしれません。
 

 
愛犬家の方によって、希望するドッグランの広さも様々なのだろうと思いますが、都立公園の広さを間近に拝見して、同じような規模だと、区立公園に設置することはなかなか大変そうだとも実感をいだきました。
 
とはいえ、都立公園と比べれば小規模なスペースになってしまいますが、今後は板橋区立の公園内に自主運営を希望する団体が出てくることを願っています。
 
また今回の都立公園のドッグランを見てみて、まだドッグランがない都立公園内に設置を新たに増やすことができれば、それはそれで望ましいことではないかと強く考えるようになりました。
 
そこで、板橋区内にある都立赤塚公園、北区との境にある都立浮間公園や板橋区にとても近い光が丘公園などにドッグランを新設する可能性はないのか、東京都の今後のドッグランの整備について、松田やすまさ都議にもヒアリングをしてもらいました。残念ながら、現時点では整備完了とのことで、新設の予定はありませんでしたが。。。
 
ところが、これからの光となる取り組みが杉並区にありました。
 
杉並区では、来年度(2023年度)に区内にある都立公園内に区営施設としてドッグランを整備する計画で、その運営は民間事業者に委託する方針で、東京都と協議を進めているそうです。
ちなみに、設計や整備にかかる費用がすでに今年度(2022年度)に予算が計上されているとのこと。
 
この取り組みであっても、やはい運営は民間事業者に委託することになります。同じように板橋区内の都立公園で行うときにも、やはり運営団体がいることは要件になりそうですが、広さのある都立公園のスペースを活用できるのであれば、近隣の住民の理解も得やすいし、愛犬家にとっても喜ばしいことなのではないかと思います。
 
ドッグランの運営に協力をしてくれる団体や事業者がいないものか、私自身も探したり聞いたりしたいと思いますが、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせください。
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 
Think globally Act locally
〜小さなことの積み重ねが必ず大きな成果に繋がる
板橋区議会議員 田中やすのり
https://www.tanaka-yasunori.jp/index.html
─────────────────
【メッセージ動画】
「私は、走り続けます!」
https://www.youtube.com/watch?v=hdBzWEjM7Ps
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

板橋区議会議員田中やすのり_記事:【板橋区】ドッグランを都立公園に新設できないか?課題と可能性を探る20220721

 田中やすのりについて

About 
【田中やすのりプロフィール】赤塚二中、成増小、成増すみれ幼稚園を経て、早稲田大学商学部を卒業。大手広告会社勤務を経て、2007年に初当選し、連続4期当選を果たし……

【何故、区議会議員に?】広告会社の業務を通じて、世の中のためになる公共的な広告コミュニケーションへの欲求を抱くようになった。より直接的に世の中を変えることができる政治……

【板橋区の未来を語る!】板橋が抱える三つの緊急課題とは?急増している児童虐待、行方不明のままとなっている認知症高齢者、ゼロにはまだ遠い待機児童の3つが喫緊の課題……(2019.3執筆)

【板橋わくわくマップ2019を作成】赤塚や成増地域を中心に、これをしたい、あれをしたいといった政策を散りばめました。板橋を、そしてそれぞれの地域をわくわくするものにしていきたい……

【生活保護不正受給撲滅プロジェクト】生活保護の不正受給・不適切受給は絶対に見逃しません。収入を隠したり、働けるのに働かない不正受給や不適切な受給を追及しています……