プロフィール

Profile 

成増生まれ、板橋育ち。地域と生きる。

子どもに頃は地域でよく遊びました。赤塚のため池公園では手長エビ釣り、下赤塚公園での野球やどろけい、成増南児童館では卓球、湖池屋本社前のアスレチック公園でのターザンごっこ。今ではいい想い出ですが、子ども頃から地域を走り回ったことが今の議会活動にとても繋がり、そしてとても地域活動に活きているように感じています。 


プロフィール


○生年月日:昭和49年1月16日生まれ(満46歳)
○A型やぎ座
○板橋区成増生まれ。成増すみれ幼稚園、成増小学校、赤塚第二中学校、城西大学川越高校を卒業。1998年に早稲田大学商学部を卒業。


政治に関わるきっかけ

広告会社の企画プランナーとして、日本のマスメディアのジャーナリズム、公共広告、社会問題を取り上げた広告キャンペーンに触れたことがきっかけとなり、日本の社会問題をマスコミなどのコミュニケーションの力で良くしていきたいという気持ちを強く抱いた。そして、『日本社会をもっと良く、明るくしたい。そのために自分ができることは何か?』という気持ちに自問自答を繰り返し、「日本社会を直接に良くしていくことができる」政治の世界に活路を見出した。そして政治スクールに参加し、同じ志を有する友人たちと知り合い、政治活動を始動させる。その後、板橋区議会選挙に挑戦し、初当選を果たす。
LinkIcon詳しく読む


職歴

○大学卒業後、株式会社富士アドシステムに入社。
その後、株式会社大広(現博報堂DY)に入社。マーケティング・プランナー職と営業職に従事。主に某大手飲料メーカーのマーケティング・コミュニケーション戦略立案とTVCFや新聞等の広告企画業務を経験。
○スタンリーコミュニケーション(資)を起業し、2005年に独立。現在は、地域の小売店や中小企業の販売促進活動の助言を行っています。 


議会活動・期数

2007年に板橋区議会議員に挑戦し、上位にて初当選を果たす。現在は4期目。
<選挙歴>
○2007年4月:板橋区議会選挙に地盤、看板、カバンなしで挑戦。見事上位にて初当選を果たす。
○2011年4月:板橋区議会選挙に2期目の当選。 
○2015年4月:板橋区議会選挙に3期目の当選。 
〇2019年4月:板橋区議会選挙に4期目の当選。
LinkIcon板橋区議会議員選挙って、必要なの?


所属してきた委員会・役職

都市建設、企画総務、健康福祉、文教児童、議会運営委員会など幅広く委員会を歴任。企画総務委員会、議会運営委員会、交通対策調査特別委員会、予算審査特別委員会の委員長、都市建設、都市環境調査特別委員会、決算調査特別委員会の副委員長を務める。
<議会経歴>
○2007年:都市建設委員会、都市環境調査特別委員会、情報公開および個人情報保護審議会、消防団運営委員会に所属。
○2008年:企画総務委員会、都市環境調査特別委員会(副委員長)、板橋区財産評価委員会板橋区土地開発公社、土地評価審議会・評議委員会に所属。
○2009年:健康福祉委員会、文化・観光調査特別委員会、住宅対策審議会、情報公開および個人情報保護審議会に所属。
○2010年:都市建設委員会(副委員長)、安全安心まちづくり調査特別委員会、情報公開および個人情報保護審議会、消防団運営委員会に所属。
○2011年:文教児童委員会、交通対策調査特別委員会(委員長)、学校適正規模及び適正配置審議会、消防団運営委員会に所属。
○2012年:都市建設委員会、地域経済活性化調査特別委員会、消防団運営委員会に所属。また、監査委員として選任。板橋区の執行事務や区からの財政援助団体の執行事務について、手続きの適正性、業務の適当性などの観点から監査を行なう。
○2013年:健康福祉委員会、まちづくり調査特別委員会、消防団運営委員会に所属。
○2014年:文教児童委員会、公共施設等調査特別委員会、板橋区都市計画審議会に所属。決算調査特別委員会(副委員長)を務める。自由民主党に所属。
○2015年:企画総務委員会(委員長)、防災・減災対策調査特別委員会、表彰審査会、財産評価委員会、土地開発公社評議員会、土地開発公社土地評価審議会、生活安全協議会に所属。
○2016年:健康福祉委員会、まちづくり調査特別委員会に所属。
○2017年:都市建設委員会、危機管理対策調査特別委員会、議会運営委員会、板橋区都市計画審議会に所属。予算審査特別委員会(委員長)を務める。
〇2018年:区民環境委員会、地域包括ケアシステム調査特別委員会、議会運営委員会(委員長)に所属。板橋区議会自由民主党議員団にて幹事長を務める。
〇2019年(令和元年):健康福祉委員会、東武東上線調査特別委員会、情報公開および個人情報保護審議会に所属。板橋区議会自由民主党議員団にて政務調査会長を務める。
〇2020年(令和2年):都市建設委員会、東武東上線調査特別委員会、議会運営委員会、板橋区都市計画審議会に所属。板橋区議会自由民主党議員団にて副幹事長を務める。


若くして監査委員を抜擢

2012年には30代の若さで監査委員に選任。最大限努力し、その重責を全うする。
区のお金や財産が、正しく効率的に使われているか、区の事業が効率的・効果的に行われているかについての定期監査や決算等の関係諸表の計数を確認するとともに、予算の執行が効率的かつ有効なものとなっているかについての決算監査などを行う。また、「公園の維持管理について」、「介護保険制度について」、「受益者負担の適正化について」のテーマで行政監査も行う。


NPO活動

NPO法人「地域コミュニティデザイン研究所」の理事を務める。
成年後見制度の普及、高齢者の見守り、孤独死防止などに取り組んでいます。名称は地域の抱える様々な課題を地域の力で解決してける地域コミュニティ・社会を創出・デザインしていきたいとの思いから命名しました。
最近は、江戸東京野菜の普及にも尽力し、地産地消を推進中。
LinkIconNPO法人 地域コミュニティデザイン研究所のHPへ


ボランティア・趣味


子どもたちの健全な成長を支える活動、命と街を守る活動に取り組む。
<ボランティア>消防団員、いきいき寺子屋指導員として活地域ボランティアを動中
<趣味>テニス(斉藤美登利先生に従事)、下手なサックス演奏


SNS

[Facebook]
https://www.facebook.com/TianZhongYasunori
[Blog]
アメーバブログ
Lineブログ
[Twitter]
https://twitter.com/tanakayasunori
[Instagram]
https://www.instagram.com/manpukupuku.kujaku

成増生まれ、板橋育ち。地域と生きる。

子どもに頃は地域でよく遊びました。赤塚のため池公園では手長エビ釣り、下赤塚公園での野球やどろけい、成増南児童館では卓球、湖池屋本社前のアスレチック公園でのターザンごっこ。今ではいい想い出ですが、子ども頃から地域を走り回ったことが今の議会活動にとても繋がり、そしてとても地域活動に活きているように感じています。 


プロフィール

○生年月日:昭和49年1月16日生まれ(満45歳)
○A型やぎ座
○板橋区成増生まれ。成増すみれ幼稚園、成増小学校、赤塚第二中学校、城西大学川越高校を卒業。1998年に早稲田大学商学部を卒業。


職歴

○大学卒業後、株式会社富士アドシステムに入社。
その後、株式会社大広(現博報堂DY)に入社。マーケティング・プランナー職と営業職に従事。主に某大手飲料メーカーのマーケティング・コミュニケーション戦略立案とTVCFや新聞等の広告企画業務を経験。
○スタンリーコミュニケーション(資)を起業し、2005年に独立。現在は、地域の小売店や中小企業の販売促進活動の助言を行っています。 


議会活動・期数

2007年に板橋区議会議員に挑戦し、上位にて初当選を果たす。現在は4期目。
LinkIcon板橋区議会議員選挙って、必要?


所属してきた委員会・役職

都市建設、企画総務、健康福祉、文教児童委員会など幅広く委員会を歴任。企画総務委員会、議会運営委員会、交通対策調査特別委員会、予算審査特別委員会の委員長、都市建設、都市環境調査特別委員会、決算調査特別委員会の副委員長を務める。


若くして監査委員を抜擢

2012年には30代の若さで監査委員に選任。最大限努力し、その重責を全うする。


NPO活動

2013年にNPO地域コミュニティデザイン研究所を設立。代表に就任。成年後見制度の普及、高齢者の見守り、孤独死防止などに取り組んでいる。 
最近は、江戸東京野菜の普及にも尽力し、地産地消を推進中。
LinkIconNPO法人 地域コミュニティデザイン研究所のHPへ


ボランティア・趣味

子どもたちの健全な成長を支える活動、命と街を守る活動に取り組む。
<ボランティア>消防団員、いきいき寺子屋指導員として活動中
<趣味>硬式テニス、下手なサックス演奏


SNS

[Facebook]
https://www.facebook.com/TianZhongYasunori
[Blog]
https://ameblo.jp/tanaka-yasunori
https://lineblog.me/tanaka_yasunori/
[Twitter]
@tanakayasunori
[Instagram]
manpukupuku.kujaku

田中やすのり板橋区議会議員_なぜ区議会議員に?